子供のドア指挟み対策・防止グッズで人気、売れ筋でおすすめを紹介

小さいお子様がいる家庭で、意外に心配なのが、ふとした瞬間に子供が指を挟んでしまわないか・・・という不安ではないでしょうか

なんと、東京都が発表したデータでは年間100人がドアで指を切断しているということがわかっています。

東京都が発表したデータによると平成23年から27年の5年間で、ドアにはさんで932人が救急搬送され、45人が指を切断しています。
人口比で考えると、全国で年間約100人が指を切断していることになります。

そんな時に利用したいのが、子供のドア指挟み対策・防止グッズですよね、

でも、子供のドア指挟み対策・防止グッズは色々と種類があって選ぶのが大変なんです、まだ身に起こっておらず、予防目当ての商品なので、価格が安い商品を適当に選んでしまいそうですが、

子供のことを考えて予防するからこそ、万が一のことを考えて、真剣に選ぶべきなんです。

そんなとき今、人気で売れているのが、指はさみ防止グッズ「はさマンモス」です。

子供のドア指挟み対策・防止グッズで人気、売れ筋でおすすめは、はさマンモス

\子供がドアに指をはさんでしまわないか心配なら/
指挟み防止グッズ【はさマンモス】はこちら

 

はさマンモスが選ばれる理由(他のタイプとの違い)

では、なぜ多くの、子供のドア指挟み対策・防止グッズがある中、はさマンモスが選ばれるのでしょうか?

他のタイプとの違いを確認して見ましょう。

他のタイプの商品について

まずこちら、はさマンモス以外の商品をご覧ください。

こちらはドアに挟むタイプの商品で一見、大丈夫そうですよね。

確かにドアノブ側は大丈夫ですが、実はヒンジ側は危険のままになっているんです。

 

ではヒンジ側も守られている他のタイプはどうなっているでしょうか?

こちらをご覧ください。

 

確かにこれならヒンジ側も安全です、ですがこれでば、ドアを開けておくことができません。

 

なので、ドアノブ側もヒンジ側も安全でドアを開けておきたいならはさマンモスがおすすめなんです。

 

はさマンモスなら、このように、ドアノブ側もヒンジ側も安全でドアを開けておくこともできるんです。

他のタイプの商品は問題点がいっぱい

その他にも他のタイプには、色々な問題点があります。

・ドアの形状によっては取り付け

・商品が硬く、ドアの開く角度を自由に調節できない

・接着剤が強すぎて、塗装や壁紙を痛めてしまう

・開け閉めを繰り返すと、はがれる

・見た目が悪い

・価格が高い

 

もし、このような問題点をみて不安に思うことが1つでもあれば、はさマンモスがおすすめです。

はさマンモスならこれら全ての問題をクリアしています。

 

はさマンモスの取り付け方法

はさマンモスの取り付けは10分ほどかかります。焦らずゆっくり行いましょう。

1、取り付け箇所をふく

ごく少量の洗剤をつけ、汚れや油分をきれいに取り除いてください。さらに、洗剤が残らないように、しっかりと乾拭きしてください。

 

2、ドア枠側に貼り付ける

まず、ドア枠側に貼ります。下から上に向かって貼り付けていってください。上端と下端をつまむと真っすぐに貼り付けやすいです。

 

3、ドア側に貼り付ける

ドアを適度に開き、上から下まで真っすぐになるように貼り付けてください。貼る位置がずれると見栄えが悪くなるので、丁寧さが重要です。

 

 

まとめ

はじめにも紹介しましたが、東京都が発表したデータによると平成23年から27年の5年間で、ドアにはさんで932人が救急搬送され、45人が指を切断しているそうです。

これは人口比で考えると、全国で年間約100人が指を切断していることになります。

 

事故がおきてからは、遅いので親が子供の為に対策してあげることが大切です。事故防止のためにドア指はさみ防止グッズ「はさマンモス」を検討してみてはいかがですか。

\子供がドアに指をはさんでしまわないか心配なら/
指挟み防止グッズ【はさマンモス】はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です